大とろ牛乳

お店ご紹介

トッピングメニューご紹介

お客様の笑顔をご紹介

 

Instagram

 
HOME»  素材への想い
 

 牧場を営む叔父にもらった一升瓶に入った搾りたての牛乳を飲んで育ち牛乳好きになった私の
「みなかみにいらした方に自然の生乳に近い本物の牛乳の味を感じて頂きたい」

という思いをスイーツに込める事は、はじめからうまく行った訳ではありません。

はじめは、牧場に牛乳を分けて頂き自分で殺菌をして作っていました。「新鮮ならばおいしい」と勘違いをしていたのです。
今思えば、高温でぐつぐつと栄養素を破壊し焦げ臭を付け、牛乳を壊してしまっていたのでした。

その後、製品になってるものから牧場さんへ直接出向いたり、何十種類の牛乳を飲み試作し、そしてたどり着いたのが、こちらの『東毛酪農協同組合』さんの牛乳です。

 
 こちらの牛乳は、牛乳特有の臭みが無くあと味がすっきりとして、舌にまとわりつかない自然な甘みがお口に広がるパスチャライズド(低温殺菌)牛乳です。

この製法では生産者に多大な手間がかかるため、全牛乳の1割も満たない生産量です。

群馬県は意外にも酪農王国で、牛乳の生産量も全国4位。その中だからこそ出来、この製法を築き上げた『東毛酪農協同組合』さんの乳製品は、製品の性質上あまり消費期限をもたせることができないため、県内でも購入できる場所はそう多くはありません。

牛乳好きの方が群馬県にいらっしゃったら、お勧めしたい牛乳です。

その牛乳で作ったオリジナルスイーツ、是非ご賞味ください。



 


 
 いちごや桃、りんご等のフルーツは、群馬県産の出来るだけ旬のフレッシュなものを使用し、素材そのままの味と大とろ牛乳とのバランスを考えた品種や個体のチョイスを心掛けています。
例えば、りんご。
”さんさ”からはじまり、その時に一番、酸味と甘みのバランスが大とろ牛乳に合うものを時期ごとに4~6種類品種を変えます。

 
また、地産の旬のものを使用する事で安心かつ、安価で提供させていただいています。

 
  チョコレートは、ベルギーのユニファイン社のフリューベルというブランドのカカオ73%のクーベルチュールを使って、大とろ牛乳の味とコントラストがはっきりとつくように強めの味に仕上げています。
大とろ牛乳同様、お酒類、香料などを使わず素材そのままの味を楽しんで頂ける様シンプルなレシピにしています。